圧着ハガキは専門業者で低コストでDM作成可能!宣伝効果を高めよう

料金後納郵便

圧着ハガキの秘められた効果とは

郵便はがき

企業やお店からの案内で良く利用されている圧着ハガキは、内側に糊付けがされていて、その閉じられた部分に情報が記載されているというものです。圧着ハガキは、普通のハガキとは異なり、受け取った人しか情報を見ることができないため、機密性が高いという大きなメリットがあります。また、チラシや普通のハガキのように表面に情報が記載されているものと比べ、閉じられた部分を開いてその内容を確かめたいという心理的効果を与えやすいです。容易に目に付く情報よりも、開封などの作業を行ってから確認できる情報の方が不思議と頭に入りやすい、というのは良くあることでしょう。その上、閉じられていることでその情報が自分だけに与えられた特別な物であるという印象を抱きやすいという効果もあり、DMやキャンペーンの案内などに適しています。新規顧客開拓や顧客管理にも役立ちますから、これから新しくお店をオープンされる方などは、ぜひ導入を検討してみてください。圧着ハガキを新しく作るのなら、作成は専門業者に依頼しましょう。デザインやサイズなども豊富にそろいますし、あて名印刷や投函サービスなどのオプションメニューも充実しています。まずは、専門業者のホームページをチェックしてみてください。

名前を聞いてピンとこない人も多い圧着ハガキとは何?

多くの人が広告郵便として受け取ったことがある「圧着ハガキ」ですが、名前を聞いただけではピンとこない人もいるでしょう。実際に受け取って、めくって中を確かめたことがある方なら、その構造はご存知かと思います。普通のハガキとは違い、重なっている面を剥がすと、その中面にも情報が書かれています。これは製作段階で特殊な圧着技術を用いているため、圧着ハガキと呼ばれています。
ダイレクトメールとしてよく利用されている圧着ハガキについて、今回はその構造や作成方法などについてご紹介していきます。圧着ハガキは、届いた段階では機密性がある構造です。しかしひとたび手でめくると、もう貼り付けることはできず、特殊な圧着方法で製作されていることがわかります。表面はツルツルしたフィルムのようなものが貼られたような手触りで、剥がした面もキレイな状態が保たれています。
先に印刷を行い、その後に折りと圧着を行う工程を経てできあがるのが圧着ハガキで、その作成は専門業者に依頼して行います。専門業者ではこの制作過程を一貫して行っているため、もし注文したい場合は一社へ発注するだけで大丈夫です。印刷も折も圧着も全て行ってもらえる仕組みです。圧着ハガキは折り方に種類がありますから、都合に合わせてタイプを選ぶことが可能です。

圧着ハガキで請求書や納品書の郵送料金を削減しよう

圧着ハガキはダイレクトメールに使用するもの、広告郵便物として認可が得られなければ、コストダウン効果が期待できないと考えていませんか?しかし、圧着ハガキは封筒郵送に比べると料金が節約できる上、封入作業の削減、封入ミス、宛名の印刷ミスなどをトータルで見直すことができます。さらに作成は専門業者に依頼できるものの、受けられるメリットは広告郵便物による割引だけではありません。
広告郵便物のほかに、バーコード割引や区分割引、送達日の猶予日数による特別割引などがあります。これらを組み合わせることで10パーセント前後の割引を受けることもでき、大量に請求書や納品書を発行する場合には、圧着ハガキに切り替えるだけで、郵送料金が削減できます。さらに印刷から区分分けまで専門業者が行ってくれ、印刷する内容を専門業者にリストで提出すれば、発送まで対応してくれます。請求書の発行作業まで改善でき、経費も削減できるため、毎月請求書や納品書が2000通を超えるような状態であれば、効果が生じます。そのほかにも、請求書や納品書以外に、役務提供や商品案内などなら広告郵便物として認められることになるため、会社の営業日案内、移転案内などに関わる費用を見直すことも可能です。

コスト削減効果が期待できる圧着ハガキですがもし製作するなら【ユニオン印刷】に依頼するといいでしょう。制作料金が安いうえに投函代行にも応じてもらえるので、とても利用しやすいです。